教育資金

学資保険ってどんな保険?

学資保険というのは、簡単に言えば子供の将来のための保険ということができます。
子供を育てるためにはお金が必要になってきます。
特に将来の進学のことなどを考えると、高校進学・大学進学などでまとまったお金が必要になることが予想されます。
そうした時に必要な分の資金を調達することができるように備えておくための保険が学資保険というわけです。

そんな学資保険は大きく分けると2タイプあります。
片方は保障を重視するタイプで、もう片方は貯蓄を重視するタイプです。
保障を重視するタイプの学資保険では、払い込む保険料の総額よりも受け取れる満期保険金の金額の方が少ないということもあります。
しかし、その分万一の際に備えることができるので安心です。
例えば保険契約者が亡くなった場合などには、その後の保険料の払い込みは不要になり、尚且つ満期保険金は通常通り受け取ることができるようになります。

また、奨学金などを受け取れるといった保険もあります。
更には、子供本人への保障として、入院の際などに保険金が支払われるということもあります。
そのため、貯蓄をしながら保障も充実させたいという場合には、このタイプを選ぶと良いでしょう。
貯蓄を重視するタイプの場合には、子供本人に対する保障などはあまり無いものがほとんどです。

その代わり貯蓄率がとても良いので、とにかく将来に備えて貯金するために学資保険を利用したいという場合には、こちらのタイプを選ぶと良いでしょう。
こうした貯蓄重視のタイプの学資保険は、満期保険金に対する払い込み保険料の割合がとても高く、中には110%ほどになっているものもあります。
銀行の定期預金でもこれだけの高利率になることはありませんから、より効率良く貯蓄をしたいという場合に利用すると良いでしょう。
学資保険というのはこのように、主として子供の教育資金のために利用する保険ですが、保障を重視するタイプと貯蓄を重視するタイプの2種類あることが分かります。

↓クレジットカード払いもできる学資保険

Copyright(C) 2013 子供の進学に備えて All Rights Reserved.