教育資金

お祝い金がもらえる、ってどういうこと?

学資保険の中には「お祝い金」というような名称で中学や高校進学時などにお金がもらえるプランになっているものがあります。
この「お祝い金」ですが、名前だけ見ていると保険会社から進学のお祝いをもらった!というふうに感じてしまいますが、実際には満期保険金の一部です。
例えば、中学進学時と高校進学時に30万円ずつ、そして大学進学時に140万円が支払われる学資保険に加入していた場合を考えます。

この場合、満期保険金は140万円なのかなと思ってしまう方もいるかもしれませんが、実際には中学・高校進学時の合計60万円もプラスしますので200万円を受け取れる学資保険ということになります。
「お祝い金」という名前で受け取ることができる金額も満期保険金の一部なのです。
そのため、同じ保険会社の学資保険のプランで、お祝い金があるタイプと無いタイプがあると、お祝い金が無いタイプの方が返戻率が高いのが普通です。

なぜなら、より多くのお金をより長く運用にまわすことができるからです。
お祝い金のあるタイプの場合には、満期になる前にその分の資金を受け取ることになりますので、それだけ運用できる資金が少なくなってしまうというわけです。
ですから、もしもより返戻率の高い学資保険をと考えるのであれば、一般的にはお祝い金が無いタイプの方がおすすめです。

しかし、返戻率が少し下がってしまったとしても、場合によってはお祝い金があるタイプの方が便利に使えるという家庭もあるはずです。
例えば中学・高校から私立に通わせたいと考えているような場合には、ある程度の資金をその進学時に受け取れるというのは大きなメリットに感じられるはずです。
ですから、お祝い金のある無しについては、どのような教育を子供に受けさせたいと考えているのか、というようなことによって決めていくと良いのではないでしょうか。
あるタイプ無いタイプともにメリット・デメリットがありますので、より希望の内容になるように比較検討していく必要があります。
5年ごとに配当金がもらえる場合もあるので、こちらhttp://www.papyribooks.net/5ne.htmlをご覧になってみてください。

もし、配当金などで家計に余裕がでてきたら、株http://xn--7brq64alqg9wz.tv/5.htmlに投資してみてはいかがでしょうか。
今の日本は低金利で、銀行にお金を預けていてもほとんど増えない状態なので、別のものに投資をしてみるのも有効だと思います。
証券会社選びでお悩みの方は、こちらのサイトhttp://xn--y5qx86c76z.org/6.htmlを参考にしてみてください。
http://xn--9ckkn5087c.net/02.htmlに載っている株のメリット・デメリットも大変参考になります。

Copyright(C) 2013 子供の進学に備えて All Rights Reserved.