教育資金

子供が亡くなった場合、保険はどうなるの?

学資保険に加入しようという時に子供が亡くなってしまうということを想定するという方はなかなかいないはずです。
加入する場合には、そうした想定をわざわざしておく必要は無いというふうに言えるのではないでしょうか。
なぜなら、学資保険は子供の教育資金のために利用するための保険であるからです。
学資保険の中には死亡保障がついていたり、特約で死亡保障をつけたりすることができるものもあります。

そうした学資保険の場合には、子供が亡くなってしまうと満期保険金としてもらえるはずだったのとほとんど同じくらいの金額を受け取れることになります。
ただし、こうした死亡保障のついている学資保険の場合には保険料もその分割高になってしまいます。
子供のための貯蓄を主な目的として学資保険に加入する場合には、死亡保障はそこまで必要とは言えないかもしれません。

また、もしもこうした死亡保障が無いタイプの保険であったとしても、それまでに払い込んだ保険料相当額は受け取ることが可能です。
そのため、これまで支払った保険料が全てムダになってしまうということはありませんので安心して下さい。
妊娠期間中に学資保険を契約していて万一死産になってしまったというような場合であっても同様です。

そのため、学資保険は何も無ければ貯蓄を効率よくできる手段となりますし、万一子供の死亡という不幸があった場合でもムダになってしまうということは決してありません。
このように考えると、学資保険はぜひとも利用しておきたい貯蓄の手段というふうに考えられます。
契約者である保護者に何かがあった場合にも備えられますし、子供本人に何かあった場合の保障を手厚くしておくことも可能ですし、万一子供の死亡ということになると保険料分は戻ってきます。
そして当然無事に何も無く子供が成長していけば教育資金として使うこともできるのです。
保護者にもし万が一のことが起こった時のために、遺言状http://xn--zz2an1k.biz/2.htmlを残しておくことをお勧めします。
遺言状を残しておくことによって、遺産相続がスムーズに行われるのです。
つまり、学資保険はどのような事態になったとしても有効に働いてくれる、というふうに考えられます。

Copyright(C) 2013 子供の進学に備えて All Rights Reserved.