教育資金

自分で貯金するのとどっちが貯まる?

学資保険は子供の教育資金を貯めるために利用する保険です。
しかし、ただ教育資金を貯めるという目的であれば、何も学資保険ではなく定期預金など通常の預金を利用しても良いのではないでしょうか。
学資保険は保険でありながらも貯蓄性の高い商品がたくさんあり、そうしたタイプだと定期預金よりも利率が良いものがあります。

そうした利率の良いものを上手に選ぶと、同じ金額を積立していてもより多くの資金を作ることができます。
また、現金にしにくいというのも貯めるのには好都合です。
もしもすぐに現金として引き出せてしまうという状態になっていると、少し足りないなと思った時にせっかく教育資金として貯めていた貯金から出金してしまうということがあるかもしれません。
そうして1度出金してしまうとなし崩し的に貯金がなくなっていってしまう可能性もあるのです。

しかし、学資保険の場合には満期保険金を受け取るまでに現金を受け取ろうと思うと解約するしかなくなってしまいます。
解約をするためには手間がかかりますし、実際に解約をして現金を受け取ったとしても払い込んだ保険料の総額よりも少ない金額しか受け取れないことがほとんどです。
そのため学資保険はとても現金にしづらいので貯めやすいという利点があるというわけです。
しかし、だからといって全ての教育資金を学資保険で貯めておくということは得策とは言えません。

なぜなら、保険会社が倒産してしまい元本割れしてしまうというリスクや、家庭の経済状況の悪化によりどうしても現金が必要になってくるということが絶対に無いとはいえないからです。
そのため、学資保険と定期預金などをうまく組み合わせて教育資金を作っていくというのがとても重要になってきます。
定期預金と学資保険のどちらの方が貯めやすいかというのは、個人個人の性格にもよると思います。
ただし、どちらにも良い面と悪い面がありますので、それぞれの良い面を活かせるようにしていくのが良いでしょう。
もし、貯金に余裕がでてきたら、FXに投資してみてはいかがでしょうか。
資産を増やすチャンスになるかもしれません。
これから始める人のためのFXの基礎知識も大変参考になるので、ご覧になってみてください。

Copyright(C) 2013 子供の進学に備えて All Rights Reserved.